MESSAGE

私たちが今手がけているのは、日本国内における遠隔医療ソリューションです。
遠隔医療には色々なプレーヤーが参入していますが、その中でも特にMobile healthと言われる領域を中心に据えています。

遠隔医療は世界的規模で普及が進んでおりますが、大きく2つの技術をベースにニーズを解決している、と私たちは考えています。

一つ目は、主に北米を中心としたソリューションで、patient remote monitoringに分類されます。
これはeICUからホームケアまで幅広く、非侵襲で様々なバイタルデータを収集し医療機関や患者へフィードバックされる、というものです。
主にIoT的コンセプトが中心であり、「今まで拾えなかったデータ」を収集し、医療の質を高めて行くサービスだと考えています。

もう一つは、その対極で主にアジア・インドなどで普及が進んでいるものです。
こちらは、既存の医療インフラが未成熟などの理由で制医療機関へのアクセスに課題を抱える人々に対しインターネット通信を生かしてコミュニケーションをオンライン化する、という「医療の量を充足させて行く」サービスだと考えています。

私たちが日本で行おうとしておるのは、後者のモデルです。

え?日本だと医療インフラや保険制度などは確立しているので前者ではないの?と疑問に思われるかもしれません。

ご存知のように、日本の医療水準は非常に高く、特に診断、キメの細かいフォローアップ体制によるイベント抑制などについては世界トップレベルと自負しています。
しかしながら、日本ではその医療におけるエコシステムのトリガーのほとんどを「医師」に依存しており、諸外国に比べ高コスト体質、特に医師に対しては高負荷な状況で現在の医療保険体制が維持されている、という背景があります。
そして、日本では間も無く世界でも類を見ない超高齢社会を迎えます。
その瞬間、今の医療資源では需要を満たすことは到底できません。

そこで、私たちはテクノロジーを用いてこの「需要」を分散させることを考えています。

私たちは、「需要」には大きく2種類の「需要」が存在していると考えています。
簡単にいうと、患者にとって受療行為がバリューなのか、コストなのか、で定義します。

受療行為がバリューな人々とは、例えば確定診断がついていない人、相対的に高リスクな疾患を持っている患者、医師との対面でのコミュニケーションを重要視しているセグメントと捉えています。
こういった人々には、より多くの医療資源を割くことで良好なアウトカムを醸成できることは容易に想像がつくかと思います。できるだけ、こういう人々に医療従事者のリソースを消費してもらいたいんです。

その一方、受療行為がコストな人々とはその対極で、慢性疾患などの診断が確定している、相対的に低リスクな疾患を持つ患者、医師とのコミュニケーションよりも例えば薬など「物理的なソリューション」に重きを置いているセグメントです。
こういった人々が医療従事者の貴重な時間を消費することは国家的規模で見ても損失であり、うまくテクノロジーを用いてトリアージを行うことで対面診療と低コスト診療を組み合わせることでROIが改善することは容易に想像がつくかと思います。

こういった観点から、私たちは「最もシンプルな遠隔医療ソリューション」として、テキストによるコミュニケーションを中心に据えた遠隔医療サービス「スマ診」を提供しています。
2017年4月から試験的な運用を開始し、資金調達後11月から本格稼働しています。本日時点までで、すでに1,000名を超えるユーザーが登録し、250回を超える診察・医薬品配送を行っています。
私たちのサービスは医療資源の「量」を補うものですから、必然的に医師の空き時間、隙間時間をどう活用するかというコンセプトで多くの医師からも参加の意思を受けています。
ある意味、日本における医療資源のシェアリングエコノミーだと考えています。

では、この「バリュー」か「コスト」かを、誰が決めるのでしょうか。

現時点では、私たちは「患者が決めればいい」と考えています。
私たちは、相対的にリスクの高いと考えられる疾患をサービス対象にしないことで、患者が不利益を被る可能性を最小化しています。
さらに、国内外における診療ガイドラインなどを参照にすることで、一定水準の「質」を担保しています。
つまり、他の変数を固定することで患者から見た「コミュニケーション」をどのくらい重視するかという因子のみにおいて、遠隔医療を求めるか、対面診療を求めるか、というニーズの判定、そして充足を行っています。

もう一つ、私たちがこだわっていることに「日本の保険システムを使わない」ということがあります。
ご存知のように、近年では各国で利活用され始めている国民皆保険という日本が誇る保険制度ですが、日本においてはこの制度は破綻の兆しを見せ始めています。
国民皆保険は、平均的に医療水準を引き上げて行くには非常に有効な制度ですが、個別のニーズを満たすためには相対的に高コストなシステムです。
そして、その制度を維持するためには大前提として受療者のモラルに依存する、という構造上の問題を抱えています。

私たちは、保険制度を使わない自由診療という仕組みを用いて、かつテクノロジーの導入によるコスト削減などと組み合わせることで、保険診療における自己負担と変わらない費用負担で診療・処方を受けられる仕組みをデザインしました。

まずはリスクの低いコンプレックス市場、そしてアレルギー市場、それらにおけるニーズを鋭敏に捉え、いずれは慢性疾患への対応、そして海外へサービスの拡大を図って行く予定です。

世界中の医師の中から自分にあったかかりつけ医を見つけ、世界中の医薬品流通の中から最適化された医薬品供給を受ける。
私たちは、その繋がりをデザインしながら世界中の人々にパーソナルな診療情報記録を返して行くことで、世界規模での医療水準を向上させて行く一翼を担いたいと考えています。

代表取締役 石井 健一

 

What we are working on is a remote medical solution in Japan.
Various players are entering telemedicine, but we focus on areas particularly referred to as mobile health among them.

Telemedicine is spreading on a global scale, but we think that we solve the needs based largely on two technologies.

The first is a solution mainly focusing on North America, and it is classified as patient remote monitoring.
This is a wide range from eICU to home care, noninvasively collecting various vital data and feeding back to medical institutions and patients. It mainly focuses on IoT concept and thinks that it is a service that collects “data that I could not pick up so far” and improves medical quality.

Another thing is that its diffusion is proceeding mainly in Asia, India, etc. at its opposite polarity. This is a service to “satisfy the amount of medical care” that makes the communication online by taking advantage of Internet communication to those who have problems with access to medical institutions for reasons such as premature medical infrastructure I believe that.
What we are going to do in Japan is the latter model.

Huh? Since medical infrastructure and insurance system are established in Japan, are not the former? You may be wondering.

As you know, the medical quality in Japan are very high, and I am particularly proud of the world top level in terms of diagnosis, event suppression by a fine follow-up system, and so on.
However, in Japan, most of the triggers of ecosystems in that medical care relies on “physicians”, and the current medical insurance system is maintained in a high cost structure compared to other countries, especially in a high load situation for doctors There is a background that it is.
And in Japan, we will have a very old aged society that is unparalleled in the world without any notice.
At that moment, it is impossible to meet demand with medical resources now.

So, we are thinking of distributing this “demand” using technology.

We believe that there are two main types of “demand” in “demand”.
Briefly, we define for patients whether value of treatment is value or cost.

People whose value of therapy is valued are those segments that place emphasis on face-to-face communication with those who do not have confirmed diagnosis, patients with relatively high-risk diseases, or doctors, for example.
I think that it is easy to imagine that these people can create good outcomes by devoting more medical resources. As much as possible, I would like these people to consume resources of medical staff.

On the other hand, it is more difficult to communicate with patients who are costly, costly people, diagnosis of chronic diseases is confirmed, patients who have relatively low risk disease, doctors, etc. Communication rather than communication with physicians such as “physical Solution “is a key segment.
Consumption of valuable time of medical staff by these people is loss even if it is on a national scale, and by combining face-to-face examinations and low cost medical examination by using triage using technology well, ROI I think that improvement can easily be imagined.

From this point of view, we offer “remote diagnostic solution”, which is centered on text communication, as “the simplest telemedicine solution”.
We started pilot operation from April 2017 and full-scale operation started in November after financing. Up to today’s date, more than 1,000 users have registered and over 250 medical consultations and medication delivery.
Since our service complements the “quantity” of medical resources, many physicians are willing to participate in the concept of how to use the doctor’s free time and gap time inevitably.
In a sense, I think that it is a sharing economy of medical resources in Japan.

So who decides this “value” or “cost”?

At the present moment, we think “patients should decide”.
We minimize the possibility of patients suffering disadvantages by not targeting diseases that are considered to be relatively risky.
Furthermore, by referring to clinical practice guidelines etc. in Japan and overseas, we ensure a certain level of “quality”.
In other words, only in the factor of how much emphasis is placed on “communication” seen from patients by fixing other variables,
We judge the needs, whether satisfying telemedicine or seeing face-to-face medical treatment, and satisfaction.

Another thing that we stick to is “not using the Japanese insurance system”.
As you know, Japan’s boasting insurance system nationwide insurance which is beginning to be used in various countries in recent years,
In Japan this system is starting to show signs of bankruptcy.
National public insurance is a very effective system to raise medical standards on average, but it is a relatively expensive system to satisfy individual needs.
And, in order to maintain that system, I have a structural problem that it depends on morale of the recipient as a premise.

By using a mechanism of free medical examination that does not use the insurance system and by combining cost reduction by introducing technology etc.,
I designed a mechanism that can receive medical treatment / prescription at a cost burden that is the same as my own burden in insurance medical treatment.

First of all, we carefully grasp the complex market with low risk, the allergy market,
Both are planning to respond to chronic diseases and expand services overseas.

Find a family physician who suits himself from doctors all over the world and receive optimized pharmaceutical supplies from among the worldwide distribution of medicines.
By designing the ties and returning personal medical information records to people around the world,
I would like to take a part of improving medical standards on a global scale.